施工事例集

「庭を広く」「バーベキューができるベランダを」「収納スペースの充実」

数々のご希望を、第一種低層住居専用地域・北側斜線制限という 厳しい条件の中でも実現

施主様インタビュー

「6~7社回った中で、こちらの希望を全部受けとめて
 図面に起こしてくれたのはジャパンホームさんだけ。
 それが決め手でしたね」

東京都・T様

家族構成 夫婦+子ども2人
延床面積 155.04㎡(46.90坪)
敷地面積 157.23㎡(47.56坪)
工法・構造 2×4工法
竣工年月 2014年3月

ジャパンホームで家を新築されたT様に、家づくりのことや住み心地、
そしてこれから家づくりを検討される方へのアドバイスなど、いろいろお話を伺いました。

家を建てるきっかけ

「子どもたちがのびのび遊べるように。 それと、とにかく収納スペースがほしかったんです」


T様が家を建てようと思われたきっかけは?

夢
高さ140cmもある広々とした収納

「分譲マンションを購入して10年ほど住んでいたのですが、
二人いる子どもが大きくなるにつれて予想外に荷物が多くなり、
収納スペースに収まらなくなってきたので『住み慣れたこの地域で広いスペースの家がほしいな』と。

それに、マンションで子どもが走り回ると周りに迷惑をかけるし、
そうかといって外で遊ばせるのも今のご時世では何かと危険で不安なので、
安心して遊ばせられる広い庭もほしいと思いました。

あとは、親の介護の必要も出てきていたので2世帯住宅を建てたいということもありました」

手始めに、どのような行動をされましたか?

夢
敷地内で安心して遊ばせられる広い庭

「家づくりについての知識がなかったので、
まずは近くの住宅展示場に行って、
地震に強い鉄骨住宅のメーカー、収納の充実を売りにしているメーカーなど、
大手ハウスメーカーを6~7社ほど回りました。

そしてそのうちの1社に土地も見つけてもらい、
設計のプランもローンのシミュレーションも
組んでもらって契約寸前まで行ったのですが、
総額が高過ぎたのか、融資が通らなくて…。

で、それがきっかけで話を白紙にしたんです。

実は、そのハウスメーカーの対応になんとなく疑問を持っていたんですね。

でも、こっちは知識もないから『そんなものなのかなあ』と思って
流れに任せていたのですが、融資が通らなかったことで
『やっぱりこのタイミングで家を建てるのはやめたほうがいいんだ』と思って」

ジャパンホームとの出会い

「聞いたことのない会社だったので最初はピンと来ませんでしたが(笑)、
 こちらの希望に嫌な顔一つせず、『できる限りすべて実現します』と言ってくれた。 その姿勢に好感を持ちました」


そこからどのような経緯でジャパンホームと出会ったのですか?

「知り合いのファイナンシャルプランナーが別の土地をあたってくれて、
前回契約寸前までいった土地より狭いけど、その分安くて融資が通るだろうし、
場所も気に入ったので『ここにします』と決めたんですね。
それが今の場所になるのですが、
その土地を仲介してくれた不動産会社から
『評判のよいハウスメーカーがありますよ』と紹介されたのがジャパンホームさんでした。
正直、聞いたことのない会社だったので最初はピンと来ませんでしたが(笑)、
せっかく紹介されたのだから、話はしたいと思ってお会いしたんですね」

その出会いがきっかけで、家づくりをジャパンホームと一緒に進めさせていただくことになりました。
それまで大手のハウスメーカーをいくつも回られてきたT様がジャパンホームを選ばれた決め手は何だったのでしょうか?


バスケットゴールのある庭


バーベキューができるベランダ


車を3台おける広々スペース

「初めてお会いしたときに、営業担当の高橋さんと設計士の金井さんに言われたんです。
『ウチはもともとハウスメーカーにいた人間が、
もっとお客様のご希望をかなえる家づくりをしたくてできた会社です。
ですから、ご希望はどんどんおっしゃってください。
できる限りそれを実現するように頑張ります』と。
それまでいくつもハウスメーカーを回ってきましたが、
そんなことを言われたのはジャパンホームさんが初めてだったんです。
そしてその時、前に白紙にした大手ハウスメーカーの対応に疑問を持った理由もわかりました」

その理由とは…?

「こちらがあれこれ希望を出しても
『それはちょっと…』とか『普通はそんなことしません』と言われ、
だんだん希望が言いづらくなってしまったんです。
でも、『普通は』と言われてもこちらは素人だから、
『普通』が何なのかわからないじゃないですか。
それに、家を建てるのはこっちなのに、どうして遠慮しないといけないのかなあ、と。
だから、『ご希望をできる限り実現します』というジャパンホームさんの言葉が嬉しくて、
『ここに頼もう』という気持ちになって、どんどん希望を出していきました」

どんな希望を出されたのですか?

「収納スペースの充実や2世帯住宅というのは絶対条件として、
あとは子どもが遊べる広い庭、そこにバスケットゴールを設置したい、
車を3台置けるスペース、バーベキューができるベランダ、
小屋裏あたりに自分の仕事場が欲しい、といったところでしょうか。
それらを高橋さんと金井さんがメモしてくださったんですが、
次の打ち合わせの時に叩き台のプランを見せてもらったら、出した希望が全部そこに落とし込まれていたんですよ。
あれはテンション上がりましたね(笑)。
今までのハウスメーカーではそんなことはありませんでしたから。
それでもう『ジャパンホームさんで建てます』と正式に決めて、より具体的な話を進めていきました」

希望が叶えば叶うほど建築費も上がると思うのですが、ご予算的には大丈夫だったのですか?

「全く問題ありませんでした。
ジャパンホームさんは展示場を持たず、
実際に建てたお客様の家を事例として紹介する形ということで、
大手のようにテレビCMや住宅展示場のコストが販売価格には乗らないので、
20~30%くらい安く建てられるという説明は受けていました。
その点も安心でしたね」

ジャパンホームとの家づくり

「こちらの希望を受け入れてくれるだけでなく、
 ジャパンホームさんからも積極的にいろんな提案をしてくれました。
 家をつくるのが本当に好きな会社なんだな、と思ってますます気に入りました」


どのくらいの期間で最終的なプランが決まりましたか?

「実は1ヶ月くらいで決まりました。
上の子が翌年に小学校に上がるタイミングだったので、
入学して間もなく転校とならないように、その直前の3月までには入居を終えていたかったんですね。
そこから逆算すると、早くプランを決めなければならなかったんです。
その代わり、その1ヶ月はかなり根を詰めてプランを練っていました」

プランづくりは苦労されましたか?


2カ所の階段

「いえ、楽しかったですよ。
叩き台の図面とか、イメージのCGや模型を見たら、
もっとここをこうしたい、というふうに、欲が出てくるじゃないですか(笑)。
それで要望を出すと、他のハウスメーカーの時は『それはちょっと…』と
言われ続けていたのに、ジャパンホームさんは全部受け入れて図面に起こしてくれた。
それどころか、階間収納や、階段を2ヶ所につくるなど、
僕が思いつかないような提 案を積極的にしてくれた。
それはやっぱり嬉しいですよね。
おかげでとても気持ちよくプランづくりを進められました。
一部、要望通りに行かないところもありましたが、
それは行政の関係でできなかっただけなので納得しましたし。
まあ、強いて苦労した点と言えば、北側の斜線制限が厳しい中で、
庭をできる限り広く取ろうとしたことでしょうか」

その点はどのように乗り越えたのでしょうか?

「簡単に言うと、車庫の配置を変えたり、北側に配置していた玄関を南側にしたりして、
とにかく少しでもスペースが広く取れるようにしました。
その結果が今の配置なんですが、無理を聞いて頑張ってくれた金井さんにはとても感謝しています」

実際に住んでみて

「明るくて開放感があり、思った以上に広かったですね。
 しかも忍者屋敷みたいに楽しい家になっていて、 子どもがはしゃいでくれて。建ててよかったと思いました」


建築途中は現場によく足を運ばれましたか?

「頻繁ではないですが、たまに子どもと一緒に見に行ってました。
購入した土地は古い家が建っていたのでそれを取り壊して更地にした後とか、
基礎工事が終わった後とか。現場にいた職人さんもいい人ばかりでした」

完成して、実際に住まわれてみていかがですか?


忍者屋敷のような楽しい家

「予想以上に広くて驚きました。
木の枠だけが建っていたのを見た頃にはここまで広いとは思いませんでしたから。
しかも出来上がってみると、忍者屋敷みたいな楽しい家になっていて、
子どもたちがはしゃぎましたね(笑)。
それを見て、家を建ててよかったなと改めて思いました。
あと、友人が大勢やってきた時があって、その時もみんなが『いい家だね』と言ってくれて嬉しかったですね」

使い勝手や、暑い・寒い・風通しなどの機能面については?


窓がたくさんあるので風通しも問題なし

「「リビングはスペースが広い分、エアコンが効くのかなと心配でしたが、
設置場所を金井さんがしっかり考えてくれたおかげで問題ありませんでした。
それ以前に、窓を開ければ風通しがいいので、よほどの暑い・寒いがない限り、
エアコンを使わずに済んでいます。
また、住んでみて『コンセントが足りなくて困った』といった話もよく聞きますが、
これも上棟時に金井さんが『ここでいいですか?』と配置を確認してくれたので、
困ることはありませんでした。強いて困ったことを挙げれば、
ベランダの日当たりの関係で、物干し台の高さがもっと高ければよかったことぐらい。
でも、これも高い台に変えたので、もう解決しています。
このように、住んでみて初めてわかることもあるので、この程度は許容範囲で考えてないとダメですね」

ジャパンホームのアフターサービスはいかがですか?

「引き渡し後まだ数ヶ月しか経っていないので半年点検(=最初の定期点検)はまだ先なのですが、
それでも高橋さんには時々連絡をいただき、気にかけてもらっています。
実はジャパンホームさんに決めた理由がもう一つあって、
それは高橋さんが『家って、建ててからが大事なんです』と言ってくれたからなんです。
その言葉は非常に心に響きました。建てた後もしっかり家を見ててくれるんだという安心感が得られましたから」

家づくりを検討されている方へ

「希望を遠慮なく言えて、全て受けとめてくれる。
 それどころか、こちらの希望以上の提案までしてくれる。
 そういうハウスメーカーを選ぶべきです。 そうしないと絶対に後悔すると思います」


では最後に、ジャパンホームを検討されている方に、家づくりの先輩としてアドバイスをお願いします。

「ジャパンホームさんは、家づくりを楽しめるパートナーとしておすすめです。
希望を全て受け入れてくれて、図面に起こしてくれる。
しかも、家づくりが本当に大好きな集団だから、希望以上の提案もしてくれる。
これは楽しいですよ。
特に希望がなかったとしても、いろいろヒアリングして提案してくれるので、
安心して頼めると思います。
そして大手と違い、住宅展示場やCMなどの広告宣伝費が価格に反映されることがないので、
経済的に建てられるのも魅力ですね。
ウチはジャパンホームさんに出会う前に、
要望を出しても『それは無理です』とすぐに言ってくるようなハウスメーカーを経験しました。
今思えば、そういうところは自分たちのプランにお客をあてはめたいだけなんでしょうね。
それでは思い通りの家なんてできないから、絶対後悔すると思います。
だから私はジャパンホームをおすすめしますし、
今では家を検討している友人・知人がいれば『家を建てるならジャパンホームがいいよ!』と紹介しています」


営業担当 高橋和夫(営業部 営業企画室 マネージャー)

「T様はご希望を明確に持っていらっしゃったので、それを実現するために頑張らせていただきました。
中でも家のスペースの広さについてはT様のご要望以上にこだわりました。
というのも、当時T様がお住まいだったマンションでお打ち合わせした時、
ダイニングテーブルの周囲が狭く、そこをご家族が窮屈そうに通っているのを拝見していたからです。
その時に『戸建はマンションと違ってこんなに広い空間を楽しめるんだ』ということをぜひ実感していただきたい、
という強い思いが芽生えまして(笑)。今、そのダイニングテーブルは新居のリビングに置かれており、
周囲に十分なスペースがあります。そこをご家族が楽々と歩いていらっしゃるのを見て、私もとても嬉しく思っています」

設計担当 金井秀文 (営業部 設計コンサルタント・一級建築士)

「T様は早い段階から弊社一本でご依頼いただきましたので、私も思い切った提案をすることができました。
その結果、ご希望が多くあったT様以上の提案をさせていただきました(笑)。
正直、数社に話をして検討されているお客様の場合、私どものプランを他社に相談する叩き台にされてしまうケースも多く、
そのため踏み込んだ提案ができなくなってしまうのです。
その意味で、T様の早期のご決断には大変感謝しております。
T様の土地は、第一種低層住居専用地域・北側斜線制限と、かなり厳しい制限があったのですが、
厳しければ厳しいほど『やってやろうじゃないか』と燃えるのがジャパンホームでして(笑)。
そして、決められた容積率を最大限生かせる階間収納や、
庭を広く取るために一般的には玄関を北側に配置するところを南側に配置し、
車庫も1台分を奥に持っていくなど、T様にもアイデアを出していただきながら形にしていくことができました。
おかげさまで、T様との家づくりは私としてもとても楽しい時間でした」

(取材年月:2014年7月)


ジャパンホーム4つのこだわり

ジャパンホームの想い /

家づくりの流れ

店舗はこちら

店舗地図
ジャパンホーム

資料請求

資料請求

施工事例の紹介や、お客さまストーリーをあわせて郵送させて頂いています。

WEBから相談

WEBから相談

入力するだけで簡単相談です!何でもお気軽にお問い合わせください。

0120−100−581

資料請求・お問い合わせはこちら

tel.0120-100-581